ひとつひとつ新しい考え方が増えていった学生生活。そこから、やりたいことが見えてきました。

NTTコミュニケーションズ株式会社 青木 千裕さん

2014/01/01

立教卒業生のWork & Life

VOL.5

OVERVIEW

NTTコミュニケーションズ株式会社に勤務している、青木千裕さんにお話を伺いました。

高校時代から、ものづくりに携わりたいと思っていて、写真に興味があったので、写真の授業があることを決め手に映像身体学科を選びました。実際に入学したら、写真はもちろんのこと、広告や映像などの幅広いジャンルの授業があって、それもとても面白かったです。特に印象深いのは、自分で企画、撮影、編集してドキュメンタリー番組を作ったことです。花屋さんの1日を撮影したのですが、自分がやりたいことだけでなく、周りから求められているものをどう形にするかなど、社会に出ても役立つ実践的なことをたくさん教えていただきました。

今の仕事に就きたいと考えるようになったのは、最新デジタルメディアの研究をしている教授のお手伝いをしたことがきっかけです。教授は外部の企業とパートナーを組んで研究をしているので、学生ながら外部企業の方とお話する機会がありました。そこでいろいろわかりやすく教えていただいて、特に将来を見越した映像系のソリューションが面白いと思うようになり、NTTコミュニケーションズのインターンシップに応募しました。当初は商品企画のような仕事を考えていましたが、インターンシップを通してコンサルティング営業に魅力を感じるようになりました。ITは業界を問わずどの企業にも存在するものなので、それを通してお客様をサポートできるようになったら、実際にものをつくる以上にクリエイティブなことができるのではないかと思いました。

私の場合、最初からクリアに将来が見えていたわけではなく、少しずつ新しい考え方を身につけていったことが今につながりました。映像という興味のある分野を学びながら、ソリューションという未知の分野にまで興味が広がったのは、教授との出会い、授業での学びがあったからだと思っています。今後の目標は、コンサルティングができる営業になって、社会に対しても影響を与えるようなソリューションを提供できるようになること。そして、この世界に進むきっかけとなった教授の研究している映像系のソリューションを提供できるようになることがひそかな野望です。

※卒業学科名は入学年度によって異なる場合があります。

プロフィール

PROFILE

青木 千裕 さん

NTTコミュニケーションズ株式会社 勤務

2010年 現代心理学部 映像身体学科 卒業
神奈川県 小田原高等学校出身

CATEGORY

このカテゴリの他の記事を見る

VOL.48

2017/05/26

主体的に動いた先には必ずやりがいが待っている