公開講演会「立教大学ESD研究所のこれまでの10年、これからの10年─ESDをめぐる国内外の動向を踏まえて─」

ESD研究所、文部科学省私立大学戦略的研究基盤形成支援事業「ESDによる地域創生の評価とESD地域創生拠点の形成に関する研究」(研究代表者・阿部治)、ESD地域創生研究センター設置準備室 主催

INFORMATION

  • 2017年6月17日(土)13:00~14:30
  • 池袋キャンパス 12号館地下1階 第1・2会議室

立教大学ESD研究所は、前身である立教大学ESD研究センター(2007~2011年度)が日本で初のESD(Education for Sustainable Development:持続可能な開発のための教育)研究機関として設立されてから、今年で10周年を迎える。本講演会では、ESD研究所(旧・ESD研究センター)の10年間の活動の軌跡をたどりながら、国内外におけるESDの動向や、現在研究所が取り組んでいる〈ESDによる地域創生〉の研究プロジェクト等について紹介し、今後の活動を展望する。

その他の情報

日時
2017年6月17日(土)13:00~14:30
場所
池袋キャンパス 12号館地下1階 第1・2会議室
名称
公開講演会「立教大学ESD研究所のこれまでの10年、これからの10年─ESDをめぐる国内外の動向を踏まえて─」
内容
《講師》
阿部 治(ESD研究所所長、本学社会学部・同研究科教授)
主催
ESD研究所、文部科学省私立大学戦略的研究基盤形成支援事業「 ESDによる地域創生の評価とESD地域創生拠点の形成に関する研究」(研究代表者・阿部治)、ESD地域創生研究センター設置準備室
対象者
本学学生、教職員、校友、一般
※申込不要、入場無料
その他
ESD地域創生研究センター設置準備室とは「私立大学戦略的研究基盤形成支援事業」に基づき、ESD研究所内に設置されるものである。

お問い合わせ

ESD研究所

イベントレポート

VOL.35

2017/04/25

法学部主催「国際人に求められる素養と大学での学び~現場の経験...