ドイツ文学専攻文学研究科

OBJECTIVE.

従来の文献学的伝統をふまえながら 最先端のドイツ語圏文化研究を展開

ドイツ語圏の文学・語学・文化に関する授業がドイツ人教員を含めたスタッフによって展開されています。
修了後の進路は、専門知識を活かして一般企業などに就職する本専攻修了者も増えています。

専攻のポイント

  • 丁寧な個別指導による研究ゼミ

    学生が各自の研究成果を発表する研究ゼミを設け、指導教員による個別指導と併せて、複数の教員が丁寧な指導をします。

  • クリエイティブな研究活動の奨励

    ドイツ語あるいは日本語による論文を2種類のドイツ文学専攻関係機関誌に公表する機会を設けるなど、クリエイティブな研究活動を奨励しています。

  • 留学への充実した支援

    ドイツの大学への留学は、本学の国際交流制度による派遣留学、個人的な留学のほか、ドイツ政府の公的奨学金などの申請も手厚く支援しています。

Pick
up

最先端の成果を発信する 立教ドイツ文学専攻

従来のゲルマニスティクの文献学的伝統を十分にふまえながらも、メディア論や身体論、比較対照文化研究や言語学などの方法を活用して、最先端のドイツ語圏文化研究にチャレンジしています。この点で教員スタッフは、国内外の公的研究助成を受けて成果をあげるとともに、学会では活発な研究活動のほか、役員なども務めています。また、国際会議やドイツ語圏の研究プロジェクトに招待参加する機会も多く、海外に広く研究者のネットワークをもっています。これを活かして、海外から研究者をしばしば招き、学内で国際会議を開催したり、講演会や大学院生のためのゼミナールなども依頼しています。機関誌《ASPEKT》や《WORT》には、ほとんどの大学院生が執筆。全国規模の学会での研究発表には出張補助金も支給されます。ドイツ留学にあたっては、多くの大学院生がドイツ政府関係や州の奨学金の選抜で優れた実績をあげ、協定校のテュービンゲン大学やベルリン・フンボルト大学、ボン大学などの留学先でも活躍してきました。こうした成果に結びつくように、ドイツ語力アップや日本語の論述力強化を含めて、基礎からの懇切丁寧な指導と助言に力を入れています。もちろん図書などの整備面でも、基礎的な学習書から新しい研究領域の開拓に必要なものまで、大学院生の希望を最大限活かしています。

ドイツ文学専攻専任教員/研究テーマ

  • 井出 万秀 教授

    主要研究テーマ:中世・現代ドイツの語学史

    教員紹介

    ①語順を中心としたドイツ語の仕組みの謎解き②中世ドイツ語と現代ドイツ語を比較して現代ドイツ語の特徴や仕組みの移り変わり③社会の移り変わりの中でのドイツ語の変化、ドイツ語への意識の変化④より効果的なテキスト理解や構成のためのストラテジー⑤日本とドイツ間でのコミュニケーション様式の違い。

  • 前田 良三 教授

    主要研究テーマ:ドイツ近・現代文学と、ドイツ・ユダヤ系文化

    教員紹介

    ①ドイツ近・現代文学とメディア文化②20世紀ドイツ・ユダヤ系文化③ドイツと日本における文学・文化研究の学問史・学問論が主な研究領域。特に、リルケやツェランを中心とするドイツ現代詩、ポスト構造主義の文学理論や現代文学における「言語批判」の問題、1920年代の日独における文化研究・批評ディスクールの制度化などのテーマを、最近ではメディアや制度、都市文化との関連で分析。

  • 新野 守広 教授

    主要研究テーマ:ドイツ語演劇

    教員紹介

    ドイツ語圏の演劇が専門。特に①戯曲、演出、美術、翻案などのさまざまな側面から舞台を研究②劇場と都市の関係を、都市型文化空間の変容や公共劇場制度から考察③世代交代や東西ドイツ再統一を通して演劇史がどのように書かれてきたかを検討。

  • 坂本 貴志 教授

    主要研究テーマ:ドイツ近・現代文学、ヨーロッパ文化史・思想史

    教員紹介

    ①ドイツ近・現代文学②ヨーロッパ文化史・思想史③日独比較文化などが主な研究領域。
    18世紀のレッシングから20世紀初頭のハウプトマンまでのドイツ文学、古代から現代へと至るヘルメス主義、オルフェウス=ピュタゴラス派の思想の文化史的変奏、日本とアジア文化圏へのキリスト教文化の伝播と変容の比較文化史的解明などに重点がある。

  • 副島 博彦 教授

    主要研究テーマ:ドイツ文化史、身体文化論、近現代舞踊史・舞踊

    教員紹介

    ①ドイツ文化史②身体文化論③近現代舞踊史・舞踊論を主な研究テーマとする。特に、近現代のドイツや日本における身体と都市、メディア、テクノロジーとの関係、19世紀末に始まるドイツの生活改革運動(自然療法、菜食主義、田園都市、ワンダーフォーゲルなど)、ドイツ表現舞踊、タンツテアーターが主な研究領域。また最近では、舞踊批評のディスクール分析やその制度化についても検証している。

  • SCHWARZ, Thomas 助教

    主要研究テーマ:ドイツ文学・思想

    教員紹介

    Interkulturelle Germanistik, Literatur- und Kulturkomparatistik; deutsche Literatur und Philosophie im interkulturellen Kontext, Exotismus, deutsche Kolonialliteratur, Theorie der postkolonialen Literatur- und Kulturforschung, Studien zur Germanistik im Ausland, Deutsch als Fremdsprache u.a.
    ドイツ文学・思想と非ヨーロッパ世界、ポストコロニアルの文学・文化研究、韓国およびインドのドイツ研究、外国人のためのドイツ語など。