フランス文学専攻文学研究科

OBJECTIVE.

より深くフランス学に 親しむプログラムを展開

フランス語、フランス文学、フランスの文化に関心をもつ学生に、さらに一歩踏み込んだフランス学に親しむプログラムを用意しています。いわゆるフランス文学の「古典」から現代文学・哲学、さらにはケベック・マグレブなどのフランス語圏文学まで、幅広い関心を受けとめるスタッフで構成されています。

専攻のポイント

  • 専攻全体で研究生活をバックアップ

    狭い意味での専門だけでなく、今を生きる私たちにとってというアクチュアルな問題意識を常にもちつつ、それぞれの分野に取り組むことを心がけています。また、グローバル化のなかで、フランスのみならず、広くフランス語圏を視野にいれたカリキュラムを設けています。指導教授はもちろんのこと、授業や各種研究会での口頭発表などを通して、専攻全体で研究生活をバックアップします。

  • 研究職から一般企業まで多様な進路

    在学中に協定校に留学するものも多く、フランス語力のレベルアップにも力を入れています。また、本専攻で修了した後は、研究職から一般企業まで、多様な就職先で活躍しています。

Pick
up

海外の研究者・研究機関との盛んな交流

立教大学の協定校以外にも、教員各自がもっている個人的なネットワークを活かして、毎年、海外の研究者や作家を招いたイベントを積極的に企画しています。公開講演会やシンポジウムといった催しには、もちろん大学院生も主体的に関わることができるので、国内外の著名な作家・研究者との交流を、自分の研究テーマを広げるための絶好のチャンスとして活用してください。年一回開催される立教フランス文学会や紀要「立教フランス文学」など、研究成果を発表する機会にも恵まれています。

フランス文学専攻専任教員/研究テーマ

  • 桑瀬 章二郎 教授

    主要研究テーマ:18世紀後半のフランス文学、思想、社会

    教員紹介

    18世紀後半のフランス文学、思想、社会について研究している。特に自伝、書簡といったこの時代の「自己のエクリチュール」に関心をもっている。また、フランス革命と啓蒙思想(あるいは啓蒙思想家)の関係という、歴史学が絶えず問題にしてきたテーマにも関心を抱いている。

  • 小倉 和子 教授(2017年度春学期研究休暇予定)

    主要研究テーマ:フランス近・現代文学、フランス女性史

    教員紹介

    フランス近・現代文学(とりわけ詩)とフランス女性史を研究テーマとする。ボードレール、マラルメ、イヴ・ボヌフォワなどの近現代詩を、実存と詩的言語のかかわり、風景と人間、ジェンダーといった観点から読解する。最近は、フランス系カナダ文学にも関心を寄せている。

  • 坂本 浩也 教授

    主要研究テーマ:20世紀フランス小説

    教員紹介

    プルーストの『失われた時を求めて』を中心に、20世紀フランス小説を研究テーマとする。特に文化史的な観点から、文学作品における技術・進歩・現代生活の表象と、第一次世界大戦をめぐる言説について考察している。また、文学研究における社会学的・メディア論的アプローチにも関心をもっている。

  • 澤田 直 教授

    主要研究テーマ:哲学・フランス語圏文学

    教員紹介

    哲学・フランス語圏文学を研究テーマとする。サルトル、メルロ=ポンティ、フーコー、デリダ、ナンシーなどの現代哲学のほか、ベン・ジェルーン、ハティビなど北アフリカの作家にも興味をもっている。また、翻訳の問題も研究テーマとしている。

  • 菅谷 憲興 教授

    主要研究テーマ:19世紀フランス小説

    教員紹介

    フローベールを中心とした19世紀フランス小説を、身体の文学的表象、また文学の政治性といった主題から読み解く作業を行っている。さらに、作家の草稿類を解読するための新たな批評装置である「生成論」にも深く関心を抱いている。

  • 横山 安由美 教授

    主要研究テーマ:中世フランス文学

    教員紹介

    中世フランスの文学を研究テーマとする。アーサー王物語の歴史社会学的分析、聖杯物語における神秘思想とキリスト教の関係の精査などによって、歴史思想がどのように表象されるのかを考える。また12世紀のエロイーズの恋愛書簡や中世後期のクリスチーヌ・ド・ピサン等の抒情詩にみられる「語る女性」のジェンダー観と恋愛論にも関心をもっている。