臨床心理学専攻現代心理学研究科

OBJECTIVE.

高度専門職業人の養成と臨床心理学研究を展開

日本臨床心理士資格認定協会第1種指定大学院として高度専門職業人の養成と臨床心理学研究に携わります。心理学専攻と密接かつ有機的に連携をとりながら、新しい人間学の創出をめざします。

専攻のポイント

  • 幅広い学際的視野から多角的に探求

    認知・学習・発達など臨床心理学の基礎領域から応用実践まで、幅広い学際的視野から多角的に探究できる専攻です。

  • 心理臨床への多様なアプローチ

    生活に根ざした深い人間理解と心理的援助の実現に向けて、心理臨床の多様なアプローチに関する実践理論と方法論についてユニークな研究・教育が行われています。

  • 教育訓練システムの整備

    臨床心理士の受験資格が得られる第1種指定大学院。高度の専門性を備えた研究者、実践者を養成するため、心理臨床実習を中心に充実した教育訓練システムが整っています。

Pick
up

内部実習

臨床心理士の教員スタッフのスーパービジョンを受けながら、臨床心理士をめざす大学院生たちが、不登校や発達障害などの子どもやその親、対人関係の問題に悩む青年、夫婦関係に悩む大人など、さまざまな心理的な問題を抱えた方々の援助活動をしています。

多種多様な臨床心理学研究

子どもや青年期の発達、それに家族、学校、職場などを対象とした心理臨床実践のための理論モデルは多種多様です。精神分析や家族療法、認知行動療法、コミュニティ・アプローチ、応用行動分析など多彩な切り口からアプローチが試みられ、互いに刺激し合い、協働して現実課題に取り組み研究を発展させていきます。大学院生もこれに積極的に参加し、授業の他にコミュニティ活動に加わったり、病院や療育施設での実習、学校で生徒のサポートをするといった経験も、臨床心理学研究につながる貴重な体験となります。さまざまな研究会での議論や学会への参加、担当教員の指導・助言をふまえながら、柔軟な発想から独創的な研究を進めていきます。

臨床心理学専攻専任教員/研究テーマ *印の教員は、博士課程前期課程の研究指導は担当しません。

  • 林 もも子 教授

    主要研究テーマ:精神分析、アタッチメント

    教員紹介

    臨床心理学、特に、精神分析論とアタッチメント理論を研究テーマとしている。自我の防衛機制について、また、青年や成人のアタッチメント・スタイルを測定するアタッチメント・スタイル面接(ASI)を用いた思春期の親子関係の研究を行ってきた。アタッチメント理論の臨床的な応用および、精神分析理論とアタッチメント理論の統合について研究を進めている。

  • 逸見 敏郎 教授

    主要研究テーマ:臨床心理学、ライフコース論

    教員紹介

    臨床心理学、ライフコース論を研究テーマとする。特に、学校における心理臨床活動について心理臨床家と教員との有機的な連携の方法についての検討、ならびに人間形成における個人的要因と時代的要因の関連性の検討を質的分析方法に基づき行っている。

  • 塚本 伸一 教授

    主要研究テーマ:発達心理学、教育心理学、社会性の発達、自己統制行動

    教員紹介

    発達心理学、教育心理学を研究テーマとする。研究分野は社会性の発達(Social Development)、特に、自己統制・制御の発達であり、幼児・児童を対象として、自己統制・制御の構造、発達、機能に関する諸問題を研究している。またこれと並行して、児童生徒の学校・学級適応、児童生徒ー教師関係、教師力量、学校ストレス等、学校・学級の心理学的研究も進めている。

  • 山中 淑江 教授

    主要研究テーマ:クライエント・センタード、キャリア・カウンセリング、エンカウンター・グループ、アサーション・トレーニング、心理・社会的成熟

    教員紹介

    臨床心理学、特に、心理療法・カウンセリング、学生相談およびグループ・アプローチを主な研究テーマとする。青年期を対象にカウンセリングと、アサーション・トレーニングなどの心理教育プログラムの実践研究を行っている。また、学生相談に関する調査研究を行っている。

  • 松永 美希 准教授

    主要研究テーマ:認知行動理論・療法

    教員紹介

    臨床心理学、特に認知行動理論・療法に関する研究を行っている。これまで、抑うつを維持・悪化させる心理的要因に関する検討や、それらの知見を活かした、うつ病患者への集団認知行動療法の効果について研究を行ってきた。また最近は、若年労働者の就職後のストレス(リアリティ・ショック)など働く人のメンタルヘルスについても研究を進めている。 

  • 山田 哲子 准教授

    主要研究テーマ:臨床心理学、家族心理学

    教員紹介

    臨床心理学、特に家族心理学を研究テーマとしている。個人に着目するだけでなく、その個人を取り巻く家族やコミュニティというシステムや、その中の関係性に着目するシステムズアプローチを取り入れながら研究を行っている。これまで、知的障がい者家族の「親亡き後」をめぐる課題について質的研究法を用いた調査と実践研究を行ってきた。また、近年は離婚を経験する家族に対する心理的支援を充実させるための研究を進めている。

  • 安田 みどり 特任准教授*

    主要研究テーマ:コミュニティ心理学、多職種協働、予防的介入

    教員紹介

    コミュニティ心理学における予防的介入および多職種協働を研究テーマとしている。予防研究としては、心理職への援助要請の視点から、学生や対人援助職を対象に、援助につなげるための介入や援助要請を促進する環境に関する検討を行なっている。またコミュニティでの多職種協働として、スクールカウンセリングや緩和ケアにおけるコンサルテーション・コラボレーションの研究に取り組んでいる。